癒しの T-Garden 赤い海の旅人

絶景湯 67℃

D06EECBF-F72F-4FA8-9EB5-A330D5FB08E6.jpeg

* 一昨日の66話の最後に
”明日が最終回です” って書いたのですが
延びましたので68話が最終回になる予定です
多分🤣









週末のドライブデートで
身も心も十分に満たされた僕たち

さあ そろそろ就職について
真剣に行動を起こさなければならない

ユンホさんは
現在 女子大の非常勤講師だけど
教授に 馬の合う人がいるようで
働き心地がいいと言っていた

当分 職場が変わることはないだろう

ユンホさんに逢いやすい
近場での仕事があるといいなあって
虫のいいことを考えていた





そんなある日
僕は お爺ちゃんに頼まれて
区役所に住民票を取りに行った

お爺ちゃんもお婆ちゃんも
お役所は あまり好きではないらしく
今までにもお小遣いをあげるからと言われ
何度か代理として受け取りに行ったことがあった

久しぶりの区役所
無職の僕は時間があるのを言いことに
今まで足を踏み入れたことのなかった
場所を探検してみることにした

へえ 10階には誰でも入れる食堂があるんだ
無料相談コーナーに
小さな子供向けの映像を常に上映している部屋
色々な場所があった

トイレも意外と綺麗だ

そういえば
駅前の駐輪場の申し込みに区役所に来たって
キュヒョンが言ってたっけ

僕は一通り区役所内を散策した後
1階に下りた





お爺ちゃんの銭湯のある一帯は
取り壊される予定で
その跡地は広く再開発されるということは
僕でも知っていた

銭湯の場所に建つ予定なのは
再開発エリアの目玉となる
複合ビルだと聞いていたしね

区をあげての一大再開発事業とのことで
区役所1階の入り口脇に
再開発事業の構想が
完成予想図やジオラマで
大きく展示されていた

へえ こんなふうに変わるのか・・・

銭湯の面影なんて
これっぽっちも残らないんだなって思ったら
少し寂しくなった

その横のポスターには

”あなたのやる気とアイディアを活かしてみませんか?
私たちと一緒に夢をカタチにしましょう!”

ん?

数人の若者の写真は
皆 生き生きとしていた

いや 待てよ
これはモデルだろ





壁面に貼られた
再開発関係の事業者の説明を
僕は注意深く読んだ

経済学部卒の僕は
スーツを着て働く会社の面接ばかり受けていたし
そうして働くことが当たり前だとばかり思っていた

でも 全く未知の世界の仕事と言うのも楽しそうだ
転勤もないって書いてあるのは
今の僕にとって すこぶる魅力的だ

ユンホさんの近くにいたいなんて言ったら
ガチで引かれるかな・・・





銭湯の後に建てられる予定の複合ビルには
区民の交流の場を設けることが決まっていた

趣味や友人の少ない
家に閉じこもりがちのお年寄りが
普段接する機会のなかった
子供たちと一緒に遊べる場所

遠い実家に なかなか帰ることが出きず
幼い子供との生活に煮詰まりかけている
若い母親が他の人と交流できる場所

両親とも共働きで
学校が終わったあとも一人で家にいる中学生や
学童に行くこともできない小学生が
寂しくないように 集まった他の人と
話したり勉強できる場所

そんな老若男女全ての人に
分け隔てなく触れ合える空間を提供する

そんなコミュニティが作られることに決まっていた

ポスターは
運営を任された会社のものだった

一通り プロジェクトの説明を読んだ僕の感想は

「僕に向いているんじゃないか」

募集要項を写真に撮り帰宅すると
WEB履歴書を用意し早速応募

書類選考が通れば
早ければ
翌日には連絡が来るだろう

面接で聞かれそうなことまで
シミュレーションし
自分なりのアイディアを説明できるように
部屋で練習もした

もちろん その晩
両親にも伝えた

“まあ 地元の事業に関わることはいいことだし
お前が採用されたら嬉しい“ と父さんは言った

面接まで漕ぎ着けたら
ユンホさんに伝えよう

地元で働けて
ユンホさんにも会えるなんて
最高じゃないか





たまたま見つけた募集の知らせ

ぴたりと条件の合う求人に出会えたことが
とてもラッキーだ

既に 採用された気分で
ベッドに入っても頬が緩みっぱなしだった

ユンホさん
喜んでくれるといいな





♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️

昨日は一度公開されたお話が
一瞬にして消えてしまい
茫然自失・・・
自分がいけなかったんですが
気をつけないと😣
せっかく書いたものが無くなるって
心が折れるんですよ・・・😭
必死に思い出して
1日遅れましたが頑張って書いてみました、、、

さあ 気を取り直して
次のお話も書かねば🤨



ポチッと応援お願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する