癒しの T-Garden 赤い海の旅人

HOTEL T の秘め事 79階

Hotel T 61〜





「ん・・・」

僕の顎を しっかりと捉えて離さない

「ん・・・もうっダメ ですっ」

ここは社長室の高級ソファーの上

ユノはいったい何を考えてるのか?!





不謹慎この上ないユノの行動に腹を立て
そのがっしりとした身体を押し返した

『あははは 悪いな・・・』

「そうですよっ
イトゥク社長がいらっしゃるのに・・・」

”シム・チャンミン君 気にするな
ユノと君の事は知っているから”

「えっ?」

『あ それも言ってなかったな』

”君たちがどういう関係かは ちゃんと知っているから・・・
あのコテージで何をしていたのかもね”

「・・・」

僕は返す言葉がなかった

恥ずかしいとかバツが悪いとか 
そんな言葉では治まりきらないほどの羞恥と後悔で
押し潰されそうだった

もし
僕の顔色が変わっているとしたら
怒りの赤も含んでいるからだよ ユノ・・・





「す すみません イトゥク社長
何だか仕事とは全く無関係の醜態をさらしてしまって」

『悪かったって言ってるだろう?
言えなかったんだよ
社長になることは内緒だったからな』

僕はユノに対して
どういう態度を取ったらいいのかわからなくて
ぎろっと睨んだ

『頼む チャンミン そんな怖い顔で睨むな
大丈夫だ 俺たちのことは
ここではイトゥクしか知らないし
今晩 ちゃんと話をするよ』

「また 社長用のコテージですか?」

『ああ チャンミンも気に入ってくれただろう?』

「でも・・・」

『明日から 俺が社長なんだから
あのコテージは俺のものだ
遠慮することはない』

「・・・」

”ユノ 俺は そろそろ失礼するよ
関係先に挨拶に行く時間だ
あまり チャンミン君をいじめるなよ
きちんと 話をしてやれ
誤解のないようにな”

『ああ』

立ち上がったイトゥク社長は急に真面目な顔で
”シム・チャンミン君 異動を承諾してくれるね”
と言った

「・・・」

『ちょっ・・・何で返事をしない?』

「・・・」

僕はユノを再度睨み

イトゥク社長に向かってこう言った

「先ほどとは少し事情が変わってきておりますので
この度の人事異動
少し考えさせていただいてもよろしいでしょうか?」

”・・・”

『・・・』

イトゥク社長もユノも
まさかの返事に少し固まったようだ

そして ほんの数秒の間を置いて
イトゥク社長が言った

”オーケー 
通常は自分のステップアップにつながる異動を断ったりはしないものだが
ユノの職権乱用という罪もあるから少し時間をあげよう
ただし 今夜までだ
返事は新社長にしてくれ”

すっかりビジネスモードに顔を変えたイトゥク社長が
社長室を出て行った





ユノと二人なんて気まずいことこの上ない





『チャンミン
そんな顔 しないでくれよ』

「チョン社長
今夜 お話を窺うまでは
僕はこの人事異動にすんなりとYESの返事はできません」

『チャンミン・・・つれないな
わかった 今はまだ勤務中だからな
終わったら また裏口に来てくれ
車を用意しておく』

「・・・はい」





予想外の展開に僕の頭はついていかない

怒っているはずなのに
すぐさま はいと返事をしてしまう
情けない僕

大好きなチョン様 いやユノと
せっかく恋人になれたというのに
どうしていいのかわからない

明日からは上司と部下

恋人と仕事なんて
考えたこともなかった

チョン新社長を見ると
少し困ったような顔をして僕を見ていた

すーっと伸びて来た手が
僕の頬に触れる 

それだけで頬がまた赤くなる

『待ってるよ 
俺の話をちゃんと聞いてくれ
ずっと 話したかったんだ』

「わかりました」

じっと見つめるアーモンドアイは真剣で
少し 熱を帯びていた





僕は チョン新社長の手首をそっと掴み
下におろした

「では のちほど」

『チャンミン 俺のそばにいてくれ』

「・・・」

『いい返事を待ってる』

「それは 夜 話をしてから
決めさせてください」

『わかった』





ユノ・・・

僕は いつもあなたと一緒にいたいよ

ただ今は あまりに突然のことで
少し混乱しているだけ

だから 落ち着かせて

きっと僕は
あなたと一緒にいることを選ぶに決まっているのだから・・・





♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️ ♥️

皆さまはどんなひな祭りを
過ごされましたでしょうか?
私はあまりいい日ではなかったなあ😔
気を取り直して
今日からまた気持ちのいい日を過ごせるように
したいです🥰



ポチっと応援お願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する