癒しの T-Garden 赤い海の旅人

ようこそ♪

ようこそ♪

【癒しの T-Garden】



大好きな2人で 頭がいっぱいで

2人の関係性を妄想し 萌えをもらってお話を書いてきた Mink と申します

思うところありまして 5年半続けてきたブログを離れ

この度 心機一転 新しいお部屋を作ることになりました



前のお部屋から読んでくださっている方

新しく ここを見つけてくださった方

架空のお話を綴る場所です

現実とは切り離して 楽しんでいただけると嬉しいです♪

少しでも 皆さまの心に 癒しや萌えをお届けできたら

こんなに嬉しいことはありません



私 Mink の居場所は常に ここ

赤い海 RED OCEAN の中です

20200204124843fbb.jpeg


数年にわたり 赤い海を仲間と一緒に航海中

ないだ海面を スイスイ進める日もあれば

高い波に向かって一生懸命ボートを漕がなければ

進めない日もありました

最近は 大きな嵐に巻き込まれ 転覆もしました

やっとの思いで 小さな島に上陸し

ようやく 新しい船出を迎えたところです♪



また いつ高波がやってくるかもしれないし

突然 人食いザメに出逢う可能性もあります

たまには 航海の途中で 一休み

お茶でもいただきながら

大好きな2人を愛でる時間も必要なのかなと思っています



忙しい日常の中のほんのひとときを 

ここで お過ごしいただけたら大変嬉しく思います♪



☆☆☆ お話とブログについて ☆☆☆

お話は ホミン ミンホ 両方ありです
2人が2人で幸せになってくれることを願ってやまないので
どちらも好きです

片方しか受け入れられない方が多いことも承知しています
どうしてもダメな方は お読みにならないでくださいね

完全に妄想☆空想☆想像の世界です
暇潰しに読んでみようかな?と思われたら覗いてみてください

コメントは 承認制です
大人として 人間として 2人のファンとして
常識を逸脱するようなコメントは お控えください

”来る者は拒まず 去る者は追わず” のスタイルですが
2人を題材としたお話で 萌え
ウキウキ ワクワク ドキドキ ハラハラ ウルウル
平和に 楽しめる場所でありたいと願っています
ご理解くださいますようお願いいたします

*登場人物の名前を始め 
設定や固有名詞はお借りしていますが
実在の人物や事務所などとは一切関係ございません
また お話の内容は全て Mink のオリジナルです*




☆☆☆前ブログについて☆☆☆

想い出がたくさん詰まっているので消さずに残してあります
お話💖かるた💖気持ち💖たくさん綴りました

【東方神起の海】

http://http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/



当面は前ブログで書き終わったお話を手直ししながらアップしていく予定です
途中になっているお話も この先書く予定ではありますが
今のところ着手できていませんので もう暫くお待ちくださいませ
それでは 今後ともよろしくお願いいたします
(この記事はトップに固定させていただきます)



ランキングに参加します♪
応援してくださると嬉しいです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



CHICKEN HEART 9日目

Chicken Heart タイトル画





昨日は
メガネのフレームを見るという口実ができて
ユンホさんの顔をかなり近くで
拝むことができた


近くで見るユンホさんは
ドキリとするくらい綺麗だった


カッコいいのに 
何だか天使のようだった


目はスッとしているけれど
良く見ると 奥二重


その奥二重を
少し下から見ると美しさが更に協調されるようだ


僕はユンホさん研究家になったみたいだ
左手で持つ箸が口に運ばれていくさまは
迎え口って言うのかな
小さめのお口が
僕の作ったおかずを迎えに来る感じだ


ああ お箸になりたい・・・


あまり見とれていると怪しまれるから
視線はたまに外したけど
でも全神経はユンホさんに注いでいた





ユンホさんとのランチタイムは
僕の中では立派なデートだ


ユンホさんには言えないけれど
勝手に2人のデートストーリーを組み立てて
カレンダーに印をつけている


スマホの日記帳にも
今日のユンホさんのあれこれを
毎晩書いていることは絶対内緒
僕が墓場まで持っていくつもり





今日はかなり蒸し暑くなるとのことだったから
食べやすく麺類にした
先日の焼きそばとはまた違うよ


具たくさんの冷やし中華とジャージャー麺
実は
ユンホさんが好きなものの一つがジャージャー麺だった


勿論 ジャージャー麺を選んだ僕の好きな人


『やったー! チャンミン 覚えていてくれたの?』


「当たり前です
ユンホさんは特別なお客様ですから」


『ありがとう』


「あっ・・・」


ジャージャー麺の肉みそが
唇の端についているのに
気づかないで食べているユンホさん


僕は思わず人差し指を出してしまった・・・
肉みそを指で掬って
自分の口へ指ごとペロリ


『あ・・・チャンミン』


「あ・・・ごめんなさい
つい・・・」


『いや 僕はいいんだけど』


ユンホさんの唇が少しエッチで
美味しそうだったからだなんて
口が裂けても言えない


「すみません もうしません」


『なんか ドキッとしちゃったよ・・・』


向かいあっている時に そんなこと言われたら
上手くかわせないよ 


「僕は 毎日ドキドキしてます」


『え? 何に?』


「勿論 ユンホさんにです」


ちょっと冗談めかして言ってみたけれど
今 僕の顔は噴火したみたいに熱い


早く話題を逸らさなければ と思ったとき


『実は 僕も毎日 ドキドキしてるんだ』


「え・・・」


『もちろん チャンミンにだよ・・・』


「・・・」


『こんなに美しくて綺麗で可愛いのに
性格までいい
そしてお料理上手だなんて 最高だろ?』


僕 褒められてる・・・


憧れのユンホさんに 褒められている・・・


嬉しすぎて 窒息しそうだ・・・


うっとりとユンホさんを見てしまう
もう 隠せないかもしれない
自分の気持ち


『女性だったら 結婚してほしいくらいだよ』


「・・・」





そうだよね


そうだよね


有頂天になっていた気持ちに
一気に氷水をかけられたよう


ユンホさんは やっぱり女性が好きなんだよね


それが一般的なんだから
何を落ち込むことがある?


もしかしたら
相思相愛かも?だなんて
なんて都合のよいことを考えていたのだろう


ユンホさんが 
僕とランチをしてくれるのは
僕が作るお弁当が目当てだからに決まっているじゃないか


そう思ったら
何だか気が楽になって
スーッと顔の火照りが収まっていった





そうなると不思議と楽に話せるようになり


『僕は ユンホさんみたいな素敵な人
他にいないと思ってますけど
ユンホさんは どんな女性がタイプなんですか?』


なんて
絶対に聞きたくないことを質問してしまった


やっぱり 失恋のショックなのか・・・


『それは・・・
やっぱり美しくて綺麗で可愛くて
性格が良くて 料理も上手な人がいいんだけど・・・』


ユンホさんも言いにくそうなのは
僕に気を遣ってるからなのかな?





その後は 目の前の冷やし中華の味もせず
ユンホさんにデザートを出すのも忘れて
そのまま本日の貴重なランチタイムが終わった


いくら告白はしないと決めたとはいえ
いきなりのカウンターパンチは
なかなか強烈でしたよ
ユンホさん





お弁当屋さんを閉めるまで
あと数日
明日 ユンホさんは来てくれるかな?


頑張れ シム・チャンミン







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




あなたに出逢うまでは・・・11

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

CHICKEN HEART 8

Chicken Heart タイトル画





昨日は初めてユンホさんと一緒に
お昼ご飯を食べた


なんかドキドキして
厨房でつまみ食いや味見は沢山していたとはいえ
大食いの僕がいつもの半分くらいしか食べられなかった


向かい合って座るということは
真正面から ユンホさんの顔を眺められるということ


横からも斜めからも後ろからも
どこからでもじっくり眺めていたいけれど
変質者だと思われそうだから我慢する





ユンホさんに好きなものを聞いたら
意外にも 甘いものが好きみたいで
あんなにカッコいいのに可愛いって
夜も眠れないくらいにやけてしまった


だから今日のランチには特別に
果物ではなく甘いデザートを付けた


いちごのプリンは
勿論ユンホさんにしか出さない


僕は一応調理師免許も持っているし
シェフにデザートも教えてもらっていたから
そこそこの心得もある


毎日小さなデザートを少しだけ作って
ユンホさんに食べてもらうのもいい
こんな楽しみができたなんて
失業も悪くない・・・





そして 今日のメニューは
コロッケ弁当と串カツ弁当


ユンホさんはいつもよりも少し早めに来た
他のお客さんもいて
少し焦ったけれど


ユンホさんは
他のお客さんがいなくなるまでの2、3分の間は
レストランの内装なんかをじっと眺めたりして待っていてくれた





「ユンホさん いらっしゃい」


『チャンミン』


「今日は少し早いですね」


『チャンミン いつも俺がどっちを頼むか心配で
ハラハラしてたんじゃないかと思って・・・
両方とも密かに隠しておいたり
特別扱いしてくれてるんじゃないかと疑ってるんだけど』


もしかして バレていた?


僕にとっては
ユンホさんだけ特別扱いは朝飯前なんだけど


「エヘヘ わかってました?
お客様に気を遣わせてしまいましたね・・・
でも大丈夫ですよ
売れ残ったりはしません
僕のお弁当屋さんは毎日完売なんです」


『へぇ やっぱりそうか
凄いな チャンミンて・・・
こんなに美味しいんだから そりゃあ売れるよね』


「ユンホさんに美味しいって言ってもらえて
100人力でてす」


正直なところ
他のお客さん100人に美味しいって言われるよりも
ユンホさん一人に美味しいって言われたい


『今日は串カツにするよ
前に大阪で食べたことがあって懐かしいな』


「ありがとうございます
今 準備しますね」


『いや 後でいいんだ』


「え?」


『まだ お弁当残ってるだろ?
串カツ 除けておいてくれると嬉しいなと思って
先に言いに来たんだ
20分後くらいにまた来るよ』


「はい もちろん除けておきます
なんか気を遣わせてしまってすみません」


『そんなことないよ
完売した後に来たら
チャンミンと2人でゆっくりランチできるから』


「あ・・・」


そうか・・・
本当にユンホさんは・・・


ユンホさんが 僕とのランチを楽しみにしてくれている
2人だけで食べたいってことだよね


都合よく解釈して
僕の心は有頂天


ちょっぴり恥ずかしいけれど・・・


「じゃあ ユンホさん 後でゆっくりいらしてください
お待ちしています」


『じゃあ 後でな』


その言い方がまたカッコよくて
軽く手を上げてから くるりと後ろを向く一連の動作が
モデルのようだ


僕は心の中で呟いた


「早く戻ってきてくださいね ユンホさん」





それから10分ほどで
今日のお弁当は綺麗に売り切れた


ユンホさん専用のお弁当を 1つだけ残して・・・





後片付けをしながら
ユンホさんと2人で食べるランチの準備をした


今日はお皿に盛りつけよう
盛大に特別扱いする


揚げ物は胃にもたれないように
サラダの量を少し多めにし ノンオイルのドレッシングを用意
今日のデザートはいちごの果肉たっぷりのふるふるゼリー


なんだか最近は
いちごを見ると瞬時にユンホさんを思い浮かべるようになってしまった


一人ニヤニヤしていると
”カラン♪” とドアが開く音


ユンホさんが帰ってきた


「あ ユンホさん おかえりなさい」


『・・・』


「?」


『なんか 本当の家に戻ってきたみたいな感じがして・・・』


僕 馴れ馴れしかったかな・・・


ユンホさんを見たら


「あれ? メガネ 変えましたか?」


『チャンミン よくわかったね
丁度 注文していたフレームが入ったって
連絡があって 受け取りに行ってきたの』


「良く似合ってます」





向かい合って よく見てみると
柄の部分に同色で模様が入っていたり
レンズにほんのりと色がついていたりして
お洒落じゃないですか・・・


『チャンミンに真正面から見られると緊張する』


「ごめんなさい こっそりのつもりだったんです」


『あはは いいよいいよ
なかなかいいだろ? このフレーム』


「こんなお洒落なものがあるなんて 知らなかったです」


満足げに微笑んだユンホさんは
次の瞬間 また可愛い人に戻ったようだった


『今日のデザートも美味しそうだ
チャンミン いつもありがとう』


「どういたしまして」


目と目が合って
お互い控えめに笑いあった




 
💛 💛 💛 💛 💛

少しずつ近づく2人
あと何回 一緒にごはん食べられるかな?





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




あなたに出逢うまでは・・・ 10

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力